Message 社長メッセージ

設計のスペシャリスト集団 地元(姫路)を中心に 戸建て住宅からマンション、工場に至るまで 設計・管理を行う建築事務所です。代表 川嶋文代

二神建築事務所は、生き生きと働く場、製造する場、心豊かに健康的に生活する場、公共建築の場を、個と公の世界が互いに豊かになることを目指して、デザイン、構造、コスト、環境に配慮した設計をおこなってまいりました。
その建物には、人間が生きている限り、いずれは建替え、改造があることを念頭に置き、その建物を守り育てるということからも、会社は永遠に続かなければなりません。
二神建築事務所の名前の由来は、当社創業者である横山禎男が以下の想いをこめて名付けております。
ひとつは、働く社員の中、誰でもが後継者となれること。もうひとつは、日本の文化や暮らしは、その多くが西洋の影響を強く受けていますが、その中において、信仰や手を合わせ祈るという行為は色濃く習慣として残っています。
祈るという行為の先には、神社の2対の狛犬など、2対のものが数多く目に入ります。その中でも、「商売の神」と信仰される2柱の神に見守って頂くという思いで名付けられました。そういう風に、「なんだか験(げん)がいいな―」という意識を、社員の皆が持つことにより、それがお客様の心にも響いていき、当社が目指している理想の会社(良い会社 楽しい会社 幸せな会社)に一歩ずつ近づいていけたらと思っています。
弊社が情熱をかたむけて設計デザインをし、建物を建て、お客様を応援し続けることにより、お客様からも応援されるような会社になりたいと思っています。

上の文章をご存知ですか? 虚空蔵求聞持法(こくうぞうぐもんじほう)
虚空蔵菩薩の「虚空」とは無量の意で、広大無辺の福徳・知恵の功徳を蔵する菩薩の真言です。
私はこの真言を唱えれば、記憶力がアップし、右脳トレーニングにいいと「七田式超右脳記憶法」という本で読み、
実行していました。朝、太陽に向かって声を出して唱えます。何だか気持ちがスッキリします。
「七田式超右脳記憶法」によると、百万遍唱え続ければ宇宙の叡智、知恵から全情報を引き出すことが出来るそうです。
私は唱え続けることによって、いつか自分より高い部分から情報を引き出し、福と知が身に付くと信じて唱え続けています。